新潟県内で相続手続、遺言、遺産分割なら「上越相続遺言相談センター」

相続税

相続税の計算について

おおまかに計算ルールをまとめてあります。

ステップ1 遺産を評価する

 遺産を相続税のルールに基づいて評価します。
現金はそのまま、預金は亡くなった日の残高になります。
上場株式や国債、社債などは時価で評価します。
死亡保険金や、死亡退職金は、みなし相続財産として課税されますが、〈法定相続人×500万円〉を非課税枠としてそれぞれ引くことができます。

 建物は固定資産税の評価額で評価。 宅地については「路線価」で評価する方法と、「路線価」がない宅地の場合は固定資産税評価額をもとにする方法があります。宅地の評価はこうして算出された額に「小規模宅地の特例」をあてはめ、さらに評価を行います。こうして遺産総額を出します。


ステップ2 価額から税額を仮計算し相続税の総額を算出する

 財産の総額から葬式費用、債務を引き、そこから法定相続人の人数で決まる基礎控除を引きます〈基礎控除5000万円+1000万×法定相続人の数〉

 ここで差額がプラスなら課税、マイナスなら非課税になります。

 プラスの場合これが課税遺産総額になります。こから法定相続人がそれぞれ法定相続分を相続したものとして、相続税を仮計算し相続税の総額を算出します。


ステップ3 相続人それぞれの課税額を出す

 遺言がある場合はそれに添った分割割合で、遺言がない場合は相続人の話し合いにより分割割合が決められます。

 ステップ2で算出した相続税の総額を、遺産取得分の割合に応じて各自負担します。ただし、配偶者の税額軽減措置、障がい者控除、未成年者控除など、誰が相続するかによって税額控除と、加算があるので注意しましよう。
 相続税の申告期限は被相続人の死亡の日から10ヵ月以内になります。

 相続税は複雑で専門知識が必要です。相続税や遺産分割などが心配な方は当センターにお電話下さい。