新潟県内で相続手続、遺言、遺産分割なら「上越相続遺言相談センター」

相続の承認及び放棄

相続人は、相続の開始を知った時から3ヶ月以内に、相続を単純承認するか、限定承認するか、または放棄をしなければなりません。

1.単純承認

 被相続人のすべての財産を相続するというものです。預金、不動産などのプラスの財産だけでなく、借金などのマイナス財産も含みますので注意が必要です。また相続の開始を知った時から3ヶ月を経過したり、相続財産を処分したりすると限定承認したと見なされます。

2.限定承認

 被相続人が残した財産を調査し、プラス財産からマイナス財産を差し引き、プラスの財産が残っていれば相続し、マイナス財産が多い場合には、相続をしないという制度です。ただし、相続人全員が限定承認しなければいけないという条件が付きますし、手続は煩雑です。

3.相続放棄

  相続人が相続の承継を全面的に拒否することです。相続放棄するとめから相続人とならなかった ものと見なされます。家庭裁判所に申述する事になります。