新潟県内で相続手続、遺言、遺産分割なら「上越相続遺言相談センター」

不動産の名義変更

 相続人名義の不動産は相続人名義に変えておく必要があります。

 そのままにされている方も多いですが、長期間そのままにしておくと、どんどん相続人が増えてしまい、いざ名義変更したくても困難になる場合があります。相続人の中には、外国に住んでいる方、行方が分からない方も現れるかもしれません。

 普段からコミュニケーションが取れていれば問題ないケースもありますが、あとあとになって権利を主張されることもありますし、疎遠になるほど署名や、印鑑証明等ももらいにくいものです。後のトラブルを防ぐためにも早めに手続きをしておきましょう。

 不動産の名義変更には概ね以下の書類が必要です。

  ・被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
  ・法定相続人戸籍謄本
  ・法定相続人の住民票
  ・相続する不動産の固定資産税評価証明書
  ・法定相続人の印鑑証明
  ・遺産分割協議書


これらは一般的なケースです。登記申請は専門性が高く、ご自分では難しい場合もございますので、当センターにご相談頂ければと思います。