新潟県内で相続手続、遺言、遺産分割なら「上越相続遺言相談センター」

預貯金の名義変更

 被相続人名義の預貯金は金融機関が被相続人の死亡を確認したときから、預貯金の取り扱いが凍結されます。

 これは一部の相続人が許可なく預金を引き出しすることを防止するためです。このように凍結された預貯金の払い出しができるようにするための金融機関に次の書類を提出する必要があります。


  ・金融機関所定の払い戻し請求書
  ・相続人全員の印鑑証明書
  ・被相続人の戸籍謄本(出生から死亡までのものすべて)
  ・各相続人の現在の戸籍謄本
  ・被相続人の預金通帳と届け出印
  ・遺産分割協議書(相続人全員が実印で押印)


当センターでも預貯金の名義変更につきましては、
対応可能です。是非ご相談ください。