新潟県内で相続手続、遺言、遺産分割なら「上越相続遺言相談センター」

相続の流れ

 相続の手続と流れ
 
1.被相続人の死亡

  被相続人の死亡により相続が開始します。 
 死亡届を提出します。(7日以内)

2.遺言書の有無の確認 

 遺言は被相続人最後の意思として尊重されます。
自筆の遺言は開封せず、家庭裁判所に持参して検認を受けることが必要です。
 
3.法定相続人の確認

 法定相続人とは被相続人(亡くなった方)の配偶者や子供などの血縁者のことで法律で決まっています。戸籍を調査する事で確認可能です。


4.遺産の項目と遺産総額の確認

 遺産は主に預貯金、有価証券、家屋や土地などの不動産があります。
生命保険や死亡退職金も「みなし相続財産」として相続財産に加算されます。注意しなければいけないのは、マイナスの財産つまり、被相続人が抱えていた借入金や連帯保証人としての地位なども同時に相続することになります。

5.遺産を相続するかどうかの決定

 もし債務が多額の場合は、相続による継承を放棄することにより債務から逃れることができます。この届出は相続人が個人単位で行うことができますが、相続の開始があったことを知った日から3ヶ月以内の手続が必要になります。 >>相続の承認及び放棄

6.被相続人の所得税の申告(準確定申告)
  
  被相続人が個人事業主の場合、相続人が連名で、被相続人の所得税の申告と納付をします。(4ヶ月以内)被相続人が会社員で年末調整をしていた場合は不要です。

7.遺産の分割

 遺言があれば、遺言に従って分割されます。
 遺言がない場合、法定相続人が全員集まり遺産分割協議を行います。
 遺産分割協議が成立するためには全員の合意が必要ですが、合意できずに不成立になった場合は家庭裁判所に調停を申し立てるなどの方法もあります。

8.遺産分割協議書の作成

 遺産分割協議の内容を遺産分割協議書にまとめます。

9.名義変更の手続

 遺産分割協議の内容を実現するため名義を変更しましょう。
 主なものとして以下の名義を変える必要があります。

  2)不動産の名義変更 (相続登記)
  3)自動車の名義変更
   
10.その他必要な手続

  ・年金の停止手続
  ・遺族年金の受取
  ・生命保険の死亡保険金支払い請求

11.相続税の申告と納付

 相続税の申告と納税の期限は被相続人の死亡から10ヶ月以内です。 
「配偶者の税額軽減」や、「小規模宅地等の特例」などを受ける場合は期限内に申告しなければ受 けられないので注意が必要です。